日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。


ダイエット痩身たかの友梨

ダイエット痩身たかの友梨

たかの友梨(−ゆり、1948年1月22日 - 、本名:野友梨)は
エステティシャン、美容研究家。
たかの友梨ビューティクリニック創業者(株式会社不二ビューティ代表)。
たかの友梨は新潟県南魚沼郡湯沢町出身。
たかの友梨の呼び名は「院長先生」。
たかの友梨は群馬県養護施設「鐘の鳴る丘・少年の家」後援会会長。

たかの友梨の略歴
1972年(昭和47年) エステティックを学ぶため単身渡仏。
1973年(昭和48年) 株式会社東京美機設立、自ら開発した『ヴィッキー』を発売開始。
1978年(昭和53年) たかの友梨一号店を大久保にオープン。入店研修用に「日本エステティック学院」を開校。
1979年(昭和54年) 青山にトータルエステサロンをオープン。施術内容が美顔・ボディ・電気脱毛3部門になる。
1986年(昭和61年) 78年に開設した「日本エステティック学院」を「たかの友梨 エステティックアカデミー」に改称
1992年(平成04年) テレビ東京でたかの友梨、リゾートエステ紹介のテレビ番組「ビューティ紀行」スタート
1995年(平成07年) 本格的に「アーユルヴェーダ理論」を学びエステティックに取り入れる。
1996年(平成08年) 東京代々木八幡に滞在型エステティックサロン「あゆるば館」をオープン。
2002年(平成14年) 群馬県前橋市の養護施設「鐘の鳴る丘・少年の家」に屋内体育館施設「たかの友梨レインボーホール」を寄贈
2003年(平成15年) たかの友梨エステティックアカデミーが日本エステティック協会の認定校となる。
2004年(平成16年) たかの友梨エステティックアカデミーを一般向けエステティシャン養成校として開校。

たかの友梨の人物
高校の時に初めて自分が養子であることを知る。
戦後だったため養母が美容師になるのを許さず理髪師になり東京へ。
(著書「運が悪くってよかった!」より
実際にはまた戦争になったら理髪師であるほうが
仕事に困らないという養母の配慮と思われる。)
美容師免許は後に取得。

ミスインターナショナル選考委員、
日本肥満学会員、
日本エステティック協会員。
ちなみにたかの友梨自身もたかの友梨ビューティクリニックには通っている。

たかの友梨のエピソード
エステデミロードが倒産した際、
チケットの先売り・まとめ売りで成り立つ
エステティック業界への不信を懸念した
たかの友梨は真っ先に肩代わりを決め、
TBCとともにミロードチケットでの無償サービスを行った。

群馬県前橋市の養護施設「鐘の鳴る丘・少年の家」に毎年寄付をし、
体育館も寄贈している。

たかの友梨の会社概要
創業:昭和53年9月
設立:昭和54年11月
資本金:95百万円
事業内容:エステティックサロンの経営
売上高:16500百万円(決算期 平成17年9月期)
店舗数:126店
従業員数:1,050名

たかの友梨ビューティクリニックはクレームが殆どない
たかの友梨ビューティクリニックは各都道府県の消費者サービスセンターへのクレームが殆どない優良企業と評価されており、一般新聞などへの広告掲載が認められている数少ない美容企業となっている。

たかの友梨ビューティクリニック
| コメント(0) | TB(0) | ダイエット痩身たかの友梨

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。